​あなたにもいつか…

分かる“ 時”がくる…

​ 私は常々、20世紀が映画の時代だったと申し上げています。

​ そしてこの映画は、その映画の世紀の最後を飾るに相応しい傑作だと私は考えます。

​ 羊たちの沈黙の解説と同様、このストーリーもあまり解説がないため、ここの話は私の持論になります。予めご了承ください。その上で申し上げたいのは…

 この物語は明らかに臨死体験者がつくっているという事です。

 (勝手にそんな決めつけしていいの…笑^^;)

​ 理由は、臨死体験をした人たちが共通して言っている事と、このストーリーのテーマが偶然では片づけられないくらい一致している事です。

​ 主人公は、結局死ぬ間際に大切な事を思い出し、とても幸せな気持ちになります。

 せっかく思い出した幸福の直後に命を奪われる事で、幸福の短さを不幸と思うでしょうか。

​ 幸福が一瞬であろうと、真実を知れば、その短さは関係がないのです。

​あなたにも、いつか、分かる時がくる…

​その“時”を楽しみに生きて間違いはないのです。私が保証します笑 それではまた see you...