​MORE TOWN

AREA SITE 

​※現在準備中です。

​運用について

​ しばらくは、共同で閲覧編集できるエクセル・スプレットシートから運用を開始します。

 メインシート(業種やフリーワードなどの基本情報)とサブシート(配送などすぐに対応できるかどうか、営業時間)の二種類をご用意いたします。それぞれ、ご自分のアドレスの行を自由に編集してください。メインシートについては、各都市のページに定期的にアップロードいたします。

 これは一つの社会実験の意味があります。同じシートの人同士なら、友人の枠の誤字脱字を修正するというような、いわば昭和の時代の「雨が降ってお隣さんの家の洗濯物を取り込む」といった、「地域の結びつきが強かった時代の良さ」をインターネット時代に取り戻せるかどうか、がその一つだと考えています。この仕組みがうまくいかない場合は、パスワード設定などのシステムに変える可能性がありますが同時に手間は増える事になりますので、ご理解とご協力をお願いします。

​ それぞれにモアタウンアドレスが付与され、このアドレスは希望がない限り維持されます。

​ モアタウンアドレスは一人につき一つとなります。

​ 徐々にシステム拡充などを検討しますのでご理解をお願いします。​

​早く登録するメリット

 MORE TOWNは基本的に、みんなが平等になるよう、情報発信枠の上下を定期的に入れ替える運用を予定しています。また、架空の地図に落とし込むなど、覚えやすい方法を検討していきますが、管理用の一覧となれば、当然順番が若い枠が魅力的になるのは事実です。また、日数によるポイント制の導入も検討しています。枠の確保はお早めに...

​情報とリスクの考え方

 情報については、多くの人に見てもらう事を想定しているため、利用されやすいというリスクはあります。その事をご理解いただき、ご自分の意向(メリットデメリットの比較)に基づいた運用をお願いします。個人情報保護というものが言われるようになって、数十年が経過します。一時期は、企業の顧客や対象者のリストへのニーズが発生したとこから、社会問題化した時代だったのだと思います。このサイトにおいても、運営については、個人の情報(住所など)が表に出ないよう徹底してまいります。同時に、個人の判断により、オープンにできる情報を活用していくことがポイントになると考えます。住所は依然としてリスクの大きさが変わらないと思いますが、電話番号やメールといったツールは、新しい番号の取得が容易になったことや、ブロック機能が増えたことで、社会問題化した当時と同じだけの警戒は必要ないのではないかとも思われます。いずれにしても、時代は変わって、データのコピーといった技術は視覚的情報処理からも可能となったことも踏まえて、あえて利便性を重視した共有エクセルシートによる運営を実施しています。それぞれのメリットデメリットを判断いただき、いつでも遮断、破棄できる連絡先(メールやURL)を使用するなどの工夫をお願いします。なお、それぞれの地域に限定した安全なページの作成も同時に検討してまいりたいと思います。

​固定アドレス制の利点

 MORE TOWNはいわば「どこにもない街」です。架空のアドレスを作り固定する事で、今後運営の方法に変化があっても、変わらない自分の場所をキープする事ができるのです。また、データ社会への急激な変化を迎える今の世の中において、システム・通信障害と言った様々なトラブルが想定されます。固定アドレスという考え方は、定期的にバックアップをとることで、トラブルとなったネットワーク以外の場所で復元が可能となるなど、データ社会の問題点にも柔軟に対応する事が可能となります。

​↓↓運営協力者・MORE CITYの情報発信枠です↓↓

press to zoom
press to zoom
press to zoom
FREE
press to zoom
FREE
press to zoom
press to zoom
1/1