​社会崩壊を未然に防ぐネットワークシステム 

More Safety 

​制度イメージ

 イメージを用いた制度説明です。右の図は、世の中の景気の流れを表したものです。
まずは景気がいい状況。
​ 個人や企業の蓄えは少なく、流通量が多いのが特徴です。

景気①.png

​景気の悪化プロセス

景気②.png

①⇒③
​まずは、先への不安により、個人・企業の貯蓄が増えだすと、連動するようにお金の流通量が減り、企業の倒産や破産者がではじめます。

景気③.png

​④
 景気は人の心理に左右されるため、倒産や破産による不安の波は一気に広がっていきます。


 一番の問題はここです。
​ 経済を心配して蓄えをしても、食料などへの影響が出て治安が悪化すれば、お金の価値自体が崩れていくということです。

景気④.png

​⑥
 そして混乱状態になれば、回復は困難になっていきます。

 

Safety Kobe の発動イメージ!

景気⑤.png

​ 景気が悪化しはじめ、倒産・破産者が出始めた時点で判断することになります。

景気6.png

 コロナによる困窮者を一番深く平等な視点で調査している国の経済対策に支援ができれば、経済崩壊を防止できる可能性が高いのです。

​ 経済は「連鎖反応」で、崩れだすとドミノ式に広がっていきます。
 そうなれば、皆が自分の財産の確保に動き、そして次は食料です。そこからは治安に大きく影響を及ぼしてパニックとなりお金はただの紙くずに変わるので財産確保も意味は成さないと言えます。

​ 経済は「連鎖反応」で、崩れだすとドミノ式に広がっていきます。
 そうなれば、皆が自分の財産の確保に動き、そして次は食料です。そこからは治安に大きく影響を及ぼしてパニックとなりお金はただの紙きれに変わるので財産確保も意味は成さないと言えます。

崩壊するくらいなら…

 実は「日本が経済崩壊するくらいなら経済対策のために募金してもいい」という人は多くいます。
​ 日本に誇りと愛情を持っているからです。身近な人が苦しむ姿を見るくらいならお金を出すという人は必ずいるのです。

​Q&A

Q 身近なところでお金を使えばいいのでは?
A 経済崩壊はコロナで困窮する人達から始まります。どの職業や飲食店が困窮状態にあるかは、個人では分かりません。また、「経済のためにお金を使えばいい」と頭で分かっていても、実際に行動に移すのは案外難しいものです。

Q 具体的なやり方は?
A ツイッター登録などで賛同していただける人のネットワークをつくり、いざという時に募金を呼びかけ、政府の経済対策に寄付をします。
※チェーンメールの様に広げる事を想定していますが、現段階ではその発信のネットワークをつくるイメージです。数人から一斉に広げるのは困難だからです。

Q クラウドファンディングでいいのでは?
A 募金の使い方や流れに不透明さが残ります。また、国の制度が一番全体の困窮者を捉えているため、最も効果的と言えます。

Q 国が募金を拒否したら?
A 基本的にその様な事は考えにくいですが、今までにない試みであることも事実です。もし国が受け取らなければ、国の経済対策を参考にして、独自で給付を試みます。

Q 国の政策が本当に正しい?
A 仮に不均衡が現在あったとしても、徐々に修正が図られるようになっていると考えられます。

Q 経済崩壊は本当に起きる?
A コロナウイルスが当初は「インフルエンザのようなもの」と言われながら現状はどうでしょうか。夏にも感染が止まらずワクチンができて変異種ができるなど、世の中では予想できない事が起きている事は否定できないと言えます。また、報道などを見て、経済にそれほど問題ないと感じる事もあるかもしれませんが、今の情報化社会の構造上、本当に危険な時は、危険を知る人たちは何も言わなくなる可能性があります。困窮者がでる傍らで楽観の構造はとても危険なのです。本当にパニックになれば、何が起きるか分からないことは、過去から学ぶ必要があるのです。